上社周辺空中散歩DVDに 諏訪市教委へ寄贈

LINEで送る
Pocket

小島雅則教育長(左から2人目)にDVDを寄贈する上社周辺まちづくり協議会の役員

諏訪市中洲神宮寺の「上社周辺まちづくり協議会」は16日、諏訪大社上社前宮(茅野市)から上社本宮(諏訪市)までの街並みや歴史的建造物をドローン(小型無人機)で撮影したDVD「ドローンによる歴史散歩 上社周辺(前宮~本宮)空中散歩」を、諏訪市教育委員会に50枚寄贈した。小中学校や公民館で役立ててほしいと願っている。

協議会は2019年4月に活動を開始。上社周辺の歴史遺産や自然を生かし、住民と往来する人々が交流するまちづくりを推進している。DVDは県の地域発元気づくり支援金で作った。スカイシープロジェクト合同会社(諏訪市)に依頼して19年度に撮影した4K動画を20分48秒にまとめた。散策しているような感覚で、前宮や御頭御社宮司総社、神長官守矢史料館、権祝邸、大祝邸、神宮寺跡、法華寺、諏訪市博物館、本宮などを上空から確認できる。

協議会の小林佐敏名誉会長と小島実会長、岩波均副会長が市役所を訪れ、小島雅則教育長にDVDを手渡した。小島会長は「上社周辺には日本と諏訪の歴史が凝縮されている。神仏習合のメッカとして多くの人でにぎわい、想像以上の多様性でものを見ていた。なぜなくなってしまったのか、子どもたちにぜひ考えてほしい」と期待した。

小島教育長は「上社や諏訪信仰を含めた『ふるさと学習』が大事だ。ふるさとを大事にする気持ちが世界で活躍する人間への第一歩。学習の一環として活用させていただきます」と感謝した。

DVDは計100枚作った。残りは1枚1000円(税込み)で販売する。市博物館で上映し、春休み中は土日に会員が説明するという。

問い合わせは小島会長(電話0266・53・6168)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP