下諏訪町の青木悟町長が4選出馬表明

LINEで送る
Pocket

下諏訪町の青木悟町長(62)=無所属、魁町=は28日、下諏訪商工会議所で開いた後援会総会で、「新たな気持ちでこの下諏訪町のあしたを担わせていただければ幸せ」と述べ、任期満了に伴う町長選(11月15日告示、20日投開票)に4選を目指して立候補する意思を表明した。

4選を目指し、立候補を表明する現職の青木悟氏

4選を目指し、立候補を表明する現職の青木悟氏

青木氏はこの3期12年を「町にある宝に磨きをかけて輝かせ、生かしていきたいと町政を担ってきた」と振り返り、「自分の中では約束したことを住民の皆さんの協力で果たしてきた自負がある」と説明。今後求められる取り組みとして、安心安全で健康に暮らせる町、子どもを産み育てやすい環境、安定して働ける場の確保、住民が誇りを持てる魅力的なまちづくりの4項目を挙げた。

具体的には地区防災計画策定などによる日本一防災意識の高いまちづくりや、「こども未来基金」を活用した教育の機会均等と貧困対策、諏訪地域の連携を生かした産業活性化などに取り組むとした。

青木氏は2004年、当時の町長の死去を受けた選挙で初当選。以後2回の選挙でも対立候補を破った。4選出馬については、7月下旬に後援会から要請を受けていた。

同町長選への出馬表明は青木氏が初めて。町内ではほかに水面下で立候補を模索する動きがある。

おすすめ情報

PAGE TOP