年度末・始めは「感染対策強化期間」 県知事

LINEで送る
Pocket

年度末・年度始めの感染対策強化期間について話す阿部守一知事

県は22日、新型コロナウイルス感染症県対策本部会議を県庁で開き、年度末・年度始めの3月20日~4月9日を「感染対策強化期間」として、県民や事業者に帰省や旅行、会食、会議などの「分散化」「小規模化」「遠隔化(リモート化)」を求める知事メッセージを決定した。会食については飲食店などの支援と感染症対策の両立にも取り組む。

進学や就職、帰省などで来県する人には、人の流れを分散するため感染対策強化期間を避けること、来県する場合は2週間前から健康観察し、感染リスクの高い行動を控えることを呼び掛ける。事業者や教育機関に対しても、同様の取り組みに加えて、入社式や入学式で感染リスクを下げる対策を促す。

日常生活ではマスクの着用などの基本的な感染症対策のほか、会食が増える時期であることを踏まえて、これまで一緒に生活や勤務していなかった人との会食はできるだけ控えることも求める。

会食については飲食店の支援と感染症対策を両立するため、県は「信州版”新たな会食”のすゝめ」を提言。会食を開く際には時期や参加人数が適切かどうか考え、県の「新型コロナ対策推進宣言」に参加しているなど対策を取っている店を選び、参加者の体調や行動歴を確認すること、お酌や食器の使い回しを避けることなどを呼び掛ける。

阿部守一知事は取材に対し、年末年始の人の動きが「感染が拡大する大きな要因になった」とし、年度末・年度始めも注意が必要な時期と指摘。「県民と一緒に感染の再拡大が起きないよう取り組みたい」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP