有賀さん作家デビュー 小説「明日のぼく」

LINEで送る
Pocket

児童文学誌で作家デビューを果たした有賀さん

箕輪町在住で、高遠高校司書の有賀拓郎さん(32)が、昨年7月刊行の児童文学総合誌「飛ぶ教室」第62号(光村図書)に掲載の短編小説「明日のぼく」で作家デビューした。生徒が本を好きになるきっかけを作る図書館の先生としての日々を楽しみつつ、「いつか単行本を出したい」と執筆意欲を絶えず燃やしている。

小説執筆の始まりは中学3年生の頃。ゲームやスポーツへの関心が高く、本をあまり読まない少年だったが、学校司書の勧めで読んだ本が小説の面白さを教えてくれた。同時期にバンド活動で作詞を経験し、文章創作の楽しさを実感。小説の執筆を始めた。17歳の時には小学館の小説公募で佳作を受賞。「飛ぶ教室」作品公募でも入賞歴を持つ。

ヤングアダルト文学を手掛け、デビュー作も「少年からの脱却」、「これまでの自分とは違う自分になりたいと願い、つまずき、そして進む少年」が題材。有賀さんは「人はすぐには変われないが、きょうが変われば、あしたの自分が変わり、ゆくゆくは自分自身を変えられるかもしれない」と物語のメッセージを語る。

同作は中学生2人がくじでその日の性格を決め、その性格を一日演じるという遊びを通して、心の距離を近づけていく話。くじが主人公の背中を押し、変わるきっかけを作る。前向きなメッセージ性を持つ物語。

一方、もともとは暗いトーンの話を書くことが多いという有賀さん。人が普段表面に出せない、他人に見られたくない、と思う感情や行動にスポットを当て、「子ども時代にもきれい事では片付けられない部分がある。タブーにせず書きたい」とする。自らの内にある陰の面も肯定していいと、物語を通して伝える。

現在、新作を執筆中。「読者が前作よりも読みたいと思える作品、読者に読んでもらいたいと前作以上に自分が強く思える作品にしたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP