上伊那おもてなし向上委 取り組み募集

LINEで送る
Pocket

上伊那地域の観光関係者らでつくる「上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会事例集・ツアーコンテスト部会」は9月1日から、来客らに対する「おもてなし」を実践している人たち(グループや店舗など含む)の取り組みを募集する。応募事例は、長野日報の紙面またはホームページに掲載し、おもてなし内容を紹介する。自薦、他薦は問わない。

「上伊那流『おもてなし』のたね」を掘り起こす企画。身近な事例の紹介を通じ、住民1人ひとりがおもてなしに取り組む機運の醸成を図ることで、観光客のリピーター増につなげたい考えだ。

応募用紙に、おもてなしをしている場所や人を記し、具体的な内容を明記する。例えば、▽おもてなしの心を伝えるため、道路の美化活動に取り組んでいる▽人の喜ぶ顔が見たくて、○○している▽幸せな気持ちになる場所や店がある▽また来たくなるようなおもてなしを受けた―など。

同部会事務局の県上伊那地方事務所商工観光課と長野日報社で意見交換し、企画内容に沿った事例を選定する。採用事例は記事にし、紙面上で月1回ペースで紹介する。その他の事例はホームページに掲載していく予定。

応募締め切りは来年2月28日まで。応募用紙は同課のホームページで入手できる。問い合わせは同課(電話0265・76・6832)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP