アニマルウェルフェアの鶏肉販売 信大農学部

LINEで送る
Pocket

アニマルウェルフェアに配慮して育てた鶏肉をPRする竹田准教授

信州大学農学部(南箕輪村)は3日、アニマルウェルフェア(AW、動物福祉)に配慮して同学部内の施設で飼育したニワトリを食肉にして販売を始めた。照明や密度などの飼育環境を整え、健康的に育つように管理した養鶏。同学部内の生産品直売所で取り扱っている。

AWは、家畜を快適な環境下で飼育することで家畜のストレスやけがなどを減らし、結果として生産性の向上や安全な畜産物の生産にもつながるという考え。欧米では法整備も進んでいる。同学部では昨年7月、AWに配慮した肉養鶏の飼育管理技術の研究施設「ナカマチック養鶏研究棟」が完成し、動物行動管理学研究室の竹田謙一准教授を中心に開発を進めている。

今回販売するのは、昨年12月21日にひな鳥から飼育を始め、今年2月1日に出荷した一般的な食肉用養鶏のチャンキー約300羽(約800キロ)。AWの観点から、▽睡眠のために連続2時間の消灯時間を設ける▽止まり木を設置する▽飼育密度を下げる―などの飼養管理をした。 竹田准教授によると、市販の鶏肉との味の違いはないが、出荷の目安となる体重3キロまでの成長が10日ほど早いという。「 ニワトリの欲求を満たす環境で育ててきた。こういう飼い方があることを、まずは知ってもらいたい」と話している。

冷凍販売で、1袋(2キロ)はむね肉1500円、もも肉2000円、手羽元1300円(いずれも税込み)。販売に関する問い合わせは同学部付属施設(電話0265・77・1318)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP