トライアスロン大会 エントリー受け付け開始

LINEで送る
Pocket

諏訪地方で6月26日に開く初のトライアスロン大会「スワコエイトピークスミドルトライアスロン大会」のエントリー受け付けが3日から始まった。定員はエイジグループ(個人部門)が1000人、スイムとバイク、ランの3種目を3人でつなぐリレーの部が50組で、応募多数の場合は抽選となる。

大会は下諏訪町の下諏訪ローイングパークをスタートし、諏訪湖でスイム2キロ、諏訪湖から 八ケ岳山麓を走るバイク77キロ、諏訪湖周のラン26キロの計105キロで行う。諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地)がフィニッシュ地点で、制限時間は8時間30分。

参加資格は、18歳以上で2021年度日本トライアスロン連合会員(リレーの場合は1人以上)。51.5キロ以上の大会完走実績に加え、2キロを制限時間の75分以内に完泳できる泳力などが条件になる。リレーの部には地域住民も出場できるが、記録会で75分以内に2キロを完泳した場合に泳力証明書を発行し、出場を認める。記録会は21日に岡谷市、28日に長野市で開く。

大会参加費はエイジが4万3000円、リレーが1チーム5万4000円。エントリーは、スポーツ大会エントリーサイト「LAWSON DO! SPORTS」で受け付けている。抽選結果はエイジが3月24日、リレーは4月2日に発表される。

実行委員会の小島拓也事務局長は「全国のトライアスロン仲間から出場に向けた問い合わせが殺到している。諏訪地域の魅力を感じてもらえるおもてなしと、事故なく楽しんでもらえる大会の実現に向けて全力で準備をしていきたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP