門出彩るサイネリア 上農高で出荷準備

LINEで送る
Pocket

週明けからの出荷に向けて「サイネリア」を仕上げる上伊那農業高校の生徒たち

上伊那農業高校(南箕輪村)の生徒たちが、小・中学校の卒業式や保育園・幼稚園の卒園式向けに栽培している鉢花「サイネリア」の出荷が15日から本格的に始まる。生育は順調で、12日は生命探究科植物コースの当番生徒が出荷前の最後の仕上げをした。
 
「サイネリア」はカラーバリエーションが豊富で、赤系、青系、ピンク系、白系の花がこんもりと咲くのが特徴。植物コースの生徒たちが昨年9月に種をまき、鉢上げして育ててきた花で、温室内には約600鉢が並んでいる。

生徒らは式場に並べられた様子を想像しながら形を整えた。種まきから栽培に関わってきた2年生の生徒は「売り物なんだと思って慎重に作業してきた。卒業や卒園のハレの舞台に飾ってもらえるのがうれしい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP