進路選択先輩に学ぶ 弥生高で卒業生が講演会

LINEで送る
Pocket

オンラインで伊東さんの講演を聞く伊那弥生ケ丘高校の生徒

伊那弥生ケ丘高校(伊那市)は18日、同校卒業生による進路講演会を同校で開いた。公正取引委員会事務総局官房人事課研修係長の伊東龍雪さんがオンラインで講演。1、2年生約445人が参加し、国家公務員の仕事やキャリアプランについて学び、将来の職業選択の参考にした。

県外で働く卒業生による講演会は初めて。地元以外で活躍する卒業生を知るとともに、今後の進路の参考にしてもらう狙いがある。

伊東さんは高校卒業後、大学で法学を学び県内の金融機関に就職した後、同事務総局に入局した。伊東さんは、同委員会の仕事として「企業同士の公正かつ自由な『競争』を促進し、日本の社会全体を豊かにすることを目指している」と説明。「社会全体の成長という大きな目標のために働けることがやりがい」と話した。

続けて、進路選択について「将来何が役立つか分からないので、何事にも興味を持って挑戦して」とアドバイスした。

1年の生徒は「進路を考える参考になった。いろんな人の話を聞いて将来のことを決めたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP