体験できます御柱 観光情報センター6神社紹介

LINEで送る
Pocket

諏訪地方観光連盟御柱祭観光情報センターは、観光客が曳行(えいこう)に参加できる御柱祭(小宮祭)の情報を御柱祭の専用ホームページに追加した。「体験できる!小宮祭」として茅野市と富士見町の計6神社を紹介。観光客が曳行できる機会は少ないため、「ぜひ体験してほしい」とPRしている。

観光客を受け入れるのは、車山神社(茅野市、25日)、池の平神社(同、11日)、木戸口神社(同、10月16日)、上羽場諏方神社(富士見町、10月10日)、乙事諏訪社(同、9月22日)、高森諏訪社(同、10月2日)。諏訪地域の観光協会を通じて受け入れ可能な神社を照会した。

このうち、標高が最も高い車山神社では、9合目から山頂(1925メートル)の神社まで目通り周囲約150センチの一之柱を曳(ひ)く。斜面を力を合わせて曳き上げるのが特徴で、車山高原観光協会の担当者によると、すでに約150人の申し込みがあるという。「絶景が楽しめる天空の御柱祭を味わって」と話している。

観光情報センターによると、2010年の前回御柱祭では諏訪地域の13神社で対応し、観光客は約150人が参加したという。今回も「写真を撮りたいが、見学できるところはあるか」などの問い合わせがきているといい、「住民と交流したり自然を知って、再訪のきっかけにしてもらえれば」としている。

どの神社も観光客の参加は有料。法被やおんべといった記念品がある。 申し込み方法や料金など詳細は御柱祭のホームページ(http://www.onbashira.jp)で確認する。問い合わせは御柱祭観光情報センター(電話0266・58・1123)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP