夢に羽ばたけ 南箕輪村4カ所で花火打ち上げ

LINEで送る
Pocket

子どもたちの門出を応援しようと打ち上げられた花火

夢に羽ばたけ―。南箕輪村内の4カ所で20日夜、卒園や卒業、進学、進級を控えた子どもたちを応援する花火が打ち上げられた。コロナ禍で行事や大会の中止・縮小を余儀なくされた子どもたちに思い出をプレゼントしようと、「南箕輪花火プロジェクト」が夜空に開く大輪でエールを送った。

村内小中学校のPTA会長と村商工会青年部長が実行委員会を立ち上げて企画した。多くの賛同が得られ、当初3カ所で予定していた打ち上げを4カ所に増やして実施。大芝エリア、天竜川下段エリア、沢尻・南原エリア、北殿・南殿エリアの夜空に順番に花火が上がった。

実行委員の一人で南部小学校PTA会長の北原康裕さん(43)は「コロナ禍で子どもたちにはいろんなことを我慢させてしまったけれど、応援してくれるたくさんの人たちの気持ちを感じて頑張ってくれると思う」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP