都会に住む孫へ 諏訪地方で贈答需要増える

LINEで送る
Pocket

可視化されたデータを携帯端末で確認できることを解説する松江英明教授(中央)

贈り物用に品物をコーディネートする武田さん

新型コロナウイルス感染防止の緊急事態宣言が延長され、県外に住む家族と会うことが難しい中で迎える卒入学のシーズン。諏訪地方では都会に住む孫らへ「お祝いの気持ちだけでも」とプレゼントの需要が増えている。

諏訪市沖田3の子ども服専門店COCOKIDS(ココキッズ)では、昨夏ごろから祖父母世代の来店が増加した。贈答需要はこれまで出産祝いが主だったが、ここ最近は卒入学祝いも非常に多く、例年の3倍近い伸びという。

同店では要望に応えて商品対象を中学生まで広げ、品ぞろえを充実。「年齢と体形、好みを聞けば、今の流行に合わせて手頃値でコーディネートを提案できる」(武田浩実代表)。専門店ならではのサービスで、年配客の安心につなげているという。

おすすめ情報

PAGE TOP