2021年3月23日付

LINEで送る
Pocket

首都圏に含まれる都県について、国民はどう考えているだろう。民間が行った意識調査をみると、東京都一択、または神奈川、千葉、埼玉を含む1都3県の回答が多かった。私自身のイメージは1都3県である▼法令的には1都7県を指すという。60年以上前に制定された首都圏整備法で定義される。長野県と接する山梨県や群馬県も含まれるのだが、意識調査で1都7県の枠組みを首都圏とした回答は少数だった▼いま私が新型コロナに感染すれば、長野県の発表に「発症前2週間以内に首都圏との往来歴あり」と付記されるだろう。私自身が思う首都圏1都3県には1年以上行っていないが、仕事で私生活で山梨県には出向く。官民一体の取り組みで新規感染を封じ込め、全国的にも注目されるモデル県であり、安心感もある▼長野県の新規感染者の発表に話を戻すと、「首都圏との往来歴あり」の首都圏はやはり1都7県を指すということであり、発表通りの情報がニュースで流れる。だが、1都7県という認識でこの情報を受け止める県民が果たしてどれだけいるだろうか。隣県も生活圏とする方が仮に感染し、首都圏のくくりで発表されたらどう思うだろうか▼都道府県単位とは言わないが、感染が多い地域かそうでない地域への往来かは分かるようにすべきだと感じる。法令が、国がそうしているからではなく、人権配慮の面からも再考してほしい。

おすすめ情報

PAGE TOP