藤城氏が立候補の意向 南箕輪村長選

LINEで送る
Pocket

任期満了に伴う4月6日告示、11日投開票の南箕輪村長選で、新人で村議の藤城栄文氏(41)=無所属、南原=が立候補する意向を固めたことが8日、分かった。後援会組織を固め、2月中に正式に出馬を表明する。

藤城氏は「4人の子育てと村議1期目の立場から、村長選への出馬にはかなり慎重だったが、周りから薦める声をいただくようになった。声が上がってきたのであれば、応える責任がある」と、出馬の意向を固めた理由を説明。「唐木村長の政策を多くの部分で評価している立場。この村が好きなので、村の発展を守っていきたい」と述べた。

藤城氏は東京都世田谷区出身。中央大学理工学部卒。江戸川区役所職員などを経て、2017年に村の地域おこし協力隊に着任。19年の村議会議員選挙で初当選した。

おすすめ情報

PAGE TOP