市道環状南線が全線開通 伊那市

LINEで送る
Pocket

テープカットをして市道環状南線の全線開通を祝う関係者

伊那市が建設を進めていた市道環状南線が完成し、開通式が28日、現地で開かれた。国道153号から小黒川大橋北側の市道小黒川大橋線までの延長約1.3キロが全線開通した。市や市議会、地元関係者、来賓など約80人が出席。テープカットなどを行って開通を祝った。

環状南線は、市の東西地域を結ぶ路線で、1968年に都市計画決定され、96年に国道153号から県道伊那生田飯田線までの区間(通称ナイスロード)が開通。天竜川を渡った先で途切れていたが、西側へ延伸する形で整備を進めていた。

工事は2016年度に事業化され、17年度に着工した。昨年10月30日に国道153号からJR飯田線を挟んで県道南箕輪沢渡線までの約300メートルの区間が一部供用を開始。引き続き残り約1キロの区間の工事を終え、全線開通の運びとなった。

歩道を含めた道路幅員は国道153号~県道南箕輪沢渡線が14メートル、県道南箕輪沢渡線~市道小黒川大橋線が12.5メートル。総事業費は約36億円。国交付金のほか、合併特例債を活用した。

白鳥孝市長はあいさつで、中央道小黒川スマートインターチェンジ(IC)とのアクセス向上による市街地の渋滞解消や物流の強化などの整備効果を挙げ、「市民生活の向上や地域経済の発展に大きく寄与するものと期待している」と述べた。

開通式に続き、午後3時から供用を開始した。

おすすめ情報

PAGE TOP