シルバーショップつどい 今季の営業開始

LINEで送る
Pocket

わら細工や布小物、野菜など並べ来店を呼び掛ける「シルバーショップつどい」関係者

茅野広域シルバー人材センターの「シルバーショップつどい」(茅野市宮川)は1日、今期の営業を開始した。わら細工事業班が冬の間に作りためた製品や手芸の得意な会員の布小物、休耕田利用班が栽培する野菜、ショップ班の名物おやき(テークアウト可)などを販売するほか、手芸や料理などの講習会(土曜日)も開く。

つどいは、会員や地域の人が自由に集い、楽しく活動できる場に-と空き店舗を改装し一昨年オープン。同時に立ち上げた独自事業「ショップ班」「喫茶班」が管理。新型コロナで3カ月閉店したが、感染予防策を講じて開く。

わら製品は猫つぐら、花挿し、鍋敷き、宝船など、布小物はバッグやポーチ、リメーク洋服などを販売。野菜はまだ少ないが、オープンに併せて菜花やホウレンソウ、長ネギなどが並び、早速、近所の人らが買い求めていた。

店長の白尾美津子さん=富士見町=は「以前の活気が戻るようアイデアを出し合い協力して取り組んでいきたい」と話していた。

営業時間は午前10時~午後4時。日曜定休。問い合わせは白尾さん(電話090・5516・9409)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP