八ケ岳農場マルシェ 今季の営業開始

LINEで送る
Pocket

八ケ岳中央農業実践大学校直売所近くで始まった「八ケ岳農場マルシェ」

農産物加工品やクラフトなどを販売する「八ケ岳農場マルシェ」が3日から、原村の八ケ岳中央農業実践大学校直売所周辺で始まった。県内外の人がジャムや帽子、アクセサリーなどこだわりの手作り品を並べている。11月29日まで毎週土、日、月曜日に開く予定。

自然豊かな場所にある会場を提供して地域活性化を図ろうと2季目。出店者が運営しており、初日は9店舗が並んだ。今月下旬からの大型連休中はカフェなどを含め20~30店舗の出店を見込んでいる。賛同者が増えているといい、大学校の学生が作った農産物と併せて販売の相乗効果を図る。

アクセサリー雑貨を販売する安曇野市の女性は「開放的な雰囲気の中でいろんな分野の出店があり、刺激になる」。フルーツジャムを手作りし、出店者のまとめ役を務める保坂昇さん=原村=は「素晴らしい自然の中のマルシェにぜひ足を運んでほしい」と話した。

午前10時~午後3時。4月24日~5月10日、8月7~16日は連日オープンする予定。

おすすめ情報

PAGE TOP