ポニー牧場で野外保育 認可外施設きょう開園

LINEで送る
Pocket

ポニーなどを飼育する蓼科ポニー牧場を生かした野外保育に取り組む「牧場ようちえん」を開設する上村礼奈さん(右)

茅野市豊平の蓼科ポニー牧場のフィールドを園舎として活用する認可外保育施設「牧場ようちえん『ぽっこ』」が、7日に開園する。地域で野外保育に取り組む保育士らでつくる団体「ぽこぁ ぽっこ」(上村礼奈代表)が同牧場の協力を受けて運営。蓼科の自然や飼育するポニーに親しみながら、豊かな感性や思いやりを育む保育に取り組む。富士見町や原村、山梨県の3~5歳児の合わせて7人が通園する予定だ。

八ケ岳山麓でポニーなど馬約30頭を飼育し、公益財団法人「ハーモニィセンター」(東京都)が社会教育施設として運営する牧場。同団体ではその魅力を活用して、昨年6月からポニーとの触れ合いや野外遊びを親子に楽しんでもらう月2回の「牧場ようちえん」などを実施してきた。そうした体験活動を日常的にできる保育施設があれば-との保護者からの後押しも受けて、週5日通園する認可外保育施設の開設にこぎ着けた。

園の特色となるポニーとの触れ合い。日常的に園児が餌やりや、ブラシがけ、小屋の掃除などを手伝い、週1日設ける「ポニーの日」では乗馬にも取り組む。さらに、周辺の森に繰り出しての遊びにも力を入れ、自然の中で広げたキャンバスに自由に絵を描く「自由画」で、豊かな感性や発想力を育むという。

「世話をすると、その気持ちを馬がきちんと受け止めてくれる。それが子どもたちの自信につながる」と代表の上村さん(45)=同市ちの=。市内に4年半前に移住する以前から、出身地の静岡県内にある牧場で幼児や障がい者対象の野外体験活動を支援してきた経験から得た動物と触れ合う保育の魅力を語る。

団体の保育士ら5人と、牧場スタッフが保育に関わっていく。普段から不登校児などさまざま子どもたちを受け入れている同牧場で、場長代行を務める濱島彬祥さんも「馬への愛着心が必ず湧いてくる。その優しさを将来、周りの人に振りまけるように育ってほしい」と期待している。

県による「信州やまほいく(信州型自然保育)」の認定も目指す。定員には若干空きがあり、園児を募集している。問い合わせは上村さん(電話090・3442・0178)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP