湖周の安全と観光振興願う 諏訪湖開き神事

LINEで送る
Pocket

諏訪湖の観光振興と安全を祈願した「諏訪湖開き」の神事

諏訪観光協会(佐久秀幸会長)は12日、諏訪湖や周辺地域の観光振興と安全を祈願する「諏訪湖開き」の神事を諏訪市小和田の八剱神社で行った。新型コロナウイルスの感染防止対策のため、昨年に続き最小限の人数で神事のみとした。感染症の一日も早い終息と観光客の回復を願った。

拝殿で行われた安全祈願の神事には佐久会長、金子ゆかり市長ら8人が参列した。宮坂清宮司があげる祝詞に耳を傾け、関係者が順番に玉串をささげた。
 
神事後の取材で佐久会長は「感染対策に万全を期して観光客を迎えたい。風光明媚な諏訪の魅力、諏訪湖の花火の迫力を多くの皆さんに味わってもらいたい。今年は柳並線延伸区間の開通で駅から諏訪湖を訪れやすい環境が整う。迎える側として、しっかりと対応していきたい」と語った。

おすすめ情報

PAGE TOP