「花桃の里」春真っ盛り 駒ケ根市中沢

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市中沢の百々目木川沿いに咲くハナモモ

駒ケ根市中沢の百々目木川沿いにある花の名所「花桃の里」で、約900本のハナモモが見頃を迎えている。白色や赤色、ピンク色の花が谷間の斜面を彩り、一帯は鳥がさえずりチョウが舞うなど春真っ盛りとなっている。

「花桃の里」は同所で飲食店「すみよしや」を営んだ故・宮下秀春さん(享年82歳)が地域の活性化を願って30年ほど前から植えてきた。現在は家族らが管理を引き継いで景観を維持している。今春は昨年より10日ほど早く開花し、現在はほぼ満開に。シバザクラやレンギョウとともに今週いっぱい楽しめそうだという。

毎年訪れている菊池正敏さん(75)=宮田村=は「今年もきれいな花が咲いてくれた。歩いていて気持ちが良い」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP