ハナモモ赤く眼下に諏訪湖 諏訪の紅雪の里

LINEで送る
Pocket

咲き誇るハハナモモと諏訪湖が見渡せる「紅雪の里」

諏訪市岡村の地蔵寺裏山にある「紅雪の里」のハナモモが見頃を迎えている。赤く色づいた約170本が斜面に咲き誇り、眼下には諏訪湖が見渡せる。今月末ごろまで楽しめそう。

近くに住む小口敏弘さん=同市岡村=が実生から育て、毎年少しずつ増やして約半世紀。小口さんの知り合いなどボランティアの輪も広がり、剪定や遊歩道などの整備を丁寧に施し、地元だけでなく松本市などからも愛好者が訪れる憩いの場になっている。

小口さんによると、今年は例年より10日以上早い今月10日ごろから咲き始め、現在はおよそ7分咲きという。「今年の花付きは最高。めでてもらえたら」と話しながら、コロナ禍の終息を願っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP