景色と料理楽しんで 八峯苑鹿の湯にカフェ

LINEで送る
Pocket

八峯苑鹿の湯の1階にオープンする「モンテチェルボカフェ」。本格カプチーノやローストビーフ丼弁当、特製カツサンドなどを提供する

富士見町境の富士見高原リゾート「八峯苑 鹿の湯」は26日、1階ロビーに「モンテチェルボカフェ」をオープンする。最上位マシンでつくる本格エスプレッソやカプチーノ、カフェラテを提供。地元食材にこだわったランチメニューも用意する。テーブル・テラス席のほか、鹿の池のほとりで山の景色や緑を楽しみながらの飲食もできる。

ホテルのラウンジだった場所を改装した。イタリア語でモンテは山、チェルボは鹿の意味。「”モンチェル”の愛称で親しまれ、地元の皆さんにも観光客にも愛されるカフェにしたい」という。

最上位機種で提供する飲み物は計8種類。他に、インドのミルクティー「チャイ」にふんわりミルクを合わせたチャイラテや、八ケ岳高原の牛乳を使ったソフトクリームもある。ランチではボリューム満点のローストビーフ丼弁当が看板商品で、三元豚の特製カツサンド、地元の野菜や旬の果実を挟んだサンドイッチもお勧めという。

26日から期間限定で、通常990円のローストビーフ丼弁当を880円で提供。温泉施設「鹿の湯」利用客は、各種飲み物とソフトを50円引きにする。現在はプレオープン期間として営業。神保隆副支配人は「肩肘張らずリラックスできる空間。景色や空気も一緒に楽しんでください」と来店を呼び掛けている。

営業時間は午前10時~午後8時。無休。問い合わせは同施設(電話0266・66・2131)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP