岡谷こどもエコクラブ取り組みが農水省HPに

LINEで送る
Pocket

中止した昨年度の料理講座の内容を録画し作った動画。動画を製作した市の取り組みが農林水産省のHPで紹介されている

身近な環境問題について学ぶ岡谷市の「岡谷こどもエコクラブ」が、新型コロナウイルス感染予防で中止した昨年度講座の内容を動画にしてDVDに収録し受講生に配るなどした取り組みが、農林水産省のホームページで紹介されている。省エネやごみ減量につながる調理の工夫を教える料理講座「環境にやさしいクッキング」を収録した。

市内小学生が地元の自然を教材に観察や調査などの体験学習を行う事業。複数の講座を中止した昨年度は、外出自粛で在宅時間が増える中、家族で環境について考えてもらおうと料理講座の回を撮影しDVDにした。行政チャンネルで放送したほか、動画投稿サイトで配信している。

動画では野菜くずを煮出してだしを作ることで生ごみを減量し、食材を袋に入れて混ぜる方法で洗 い物を減らすなど環境に配慮した調理方法も紹介。市環境課は「活動を評価してもらえてうれしい。少しの工夫で環境問題に取り組めることを、動画をきっかけに知ってほしい」と話した。

料理講座は市食生活改善推進協議会の活動でもある。同会が県に活動報告を上げ、県が長野県の代表事例に選んだことで「食育月間以外の食育の取組」として同省HPに掲載されることとなった。市健康推進課によると、コロナ禍に適した非対面による推進活動、DVDやテレビ放送での広い周知などの点が評価された。同課は「全国の人に活動を見てもらえて、会の皆さんも喜んでいる」とした。

おすすめ情報

PAGE TOP