自然美あふれる星空 辰野で石塚さん写真展

LINEで送る
Pocket

北海道の雄大な自然、星空をとらえた石塚貴洋さんの写真=辰野町の湯にいくセンター

辰野町荒神山公園の日帰り温泉施設・湯にいくセンターは、星空をテーマにした写真展を開いている。全国公募展などで受賞歴のあるアマチュアカメラマン石塚貴洋さん(48)=北海道岩内町=が撮影した、北海道の自然美あふれる星空の写真12点を展示し、訪れる人を楽しませている。5月5日まで。

石塚さんは、会社経営の傍ら趣味の写真に親しむ。星空の撮影は3年前に始め、天体望遠鏡など製造のビクセンが主催する「星空フォトコンテスト2020」で、約3000点の応募作品の中からグランプリを受賞。長年懇意にしている同センターの百瀬照雄副支配人が快挙を知り、施設での作品展を持ち掛けた。

会場では、昨年夏に神仙沼の上空のネオワイズ彗星(すいせい)を撮ったグランプリ作品を展示。水面にも尾を引く姿が映り、神秘的な瞬間に立ち会った感動が伝わる。ニセコアンヌプリの山頂から眺めた広大な空と夜景、長時間露光で回転するような動きを見せる星座など、多彩な視点と撮影技術が光る力作ぞろいだ。

百瀬副支配人は「北海道ならではの雄大な自然の魅力が感じられる。コロナ禍で自粛ムードの中だが、写真を見て現地を旅する感覚も楽しんでもらえれば」と話している。

展示は午前7時~午後9時。問い合わせは同センター(電話0266・41・5555)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP