2021年4月24日付

LINEで送る
Pocket

午後8時になると飲食店の明かりが消え、通りを歩く人はまばらだった。酒類を提供する店舗などで行われている営業時間の短縮・休業要請。茅野駅周辺では期限の29日まで「休業します」との張り紙も見られる。新型コロナウイルス「第4波」は、これまで以上の大波になって地域に打撃を与えている▼感染が拡大する茅野市や隣接する諏訪市、原村で行われている要請。「早く収まらないとやっていけない」。飲食店関係者は苦しい胸の内を明かす。1年以上続くコロナ禍。見通せない先行きに不安が一層募る▼茅野市内で3日間にわたり実施された飲食店従業員ら対象のPCR検査。ドライブスルー方式で行い、車で訪れた人たちが検体を採取した。皆さん協力的だったが、予期せぬ検査に「とばっちりだ」と憤る人もいた。感染に無関係な店舗にとってみればその気持ちも当然だろう▼感染拡大はさまざまな方面に影響をもたらす。学校では防止策として給食中に会話を控えたり、部活動が中止になったりしている。子どもたちに無理を強いている原因をつくった大人には謝ってほしい―。女性の悲痛な言葉が胸に刺さった▼集団感染をめぐっては根拠に基づかないうわさがインターネット上で広がり、名指しされた団体がホームページで打ち消す事態にまで及んでいる。誹謗中傷からは何も生まれない。今こそ、互いを思いやる気持ちを維持したい。

おすすめ情報

PAGE TOP