総菜テークアウトイベント 諏訪インター周辺

LINEで送る
Pocket

「お家で専門店の味を」と来場を呼び掛ける店主たち

中央道諏訪インター周辺の飲食店6店が参加する総菜のテークアウトイベント「諏訪おかず市場」が29日~5月3日の5日間、午後1~4時に諏訪市沖田町1の中華食堂「城満」の野外特設テントで開かれる。新型コロナウイルスの感染拡大で行楽も控えめを余儀なくされる地域の人たちに、「専門店の味で五月連休を楽しんでもらいたい」(城子文彦城満代表)と来場を呼び掛けている。小雨決行。

昨年の5月連休にも開き、2年目。感染拡大が止まらない地元住民の不自由さを思い、また、営業時間短縮を余儀なくされ、苦境にある飲食店の元気を出そうと今年も催す。「各店の常連さんに参加他店を紹介する機にもなれば」とする。

参加店は諏訪市の「城満」「かこみ」「きよ兵衛」「L,as」、茅野市の「ゑびす」、下諏訪町の「とり志」の6店。マーボー豆腐、ハンバーグ、焼き鳥、とろしめ鯖のあぶりなど、各店頭で人気の9品を全600円均一で提供する。3品購入ごとに次回の来店で使える6店共通の200円割引券もプレゼントする。

昨年は4日間で約300人が来場して間もなく完売したため、今年は開店時間を1時間早め、数量も増やして品切れしないように配慮。ドライブスルー感覚で接触と密を避けて利用できるという。

ゑびすの北澤日出男代表は「各店自慢のおいしいものを食べて新型コロナに負けないで」と話している。

問い合わせは城満(電話0266・53・2101)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP