今秋も諏訪湖マラソン中止 安全確保最優先

LINEで送る
Pocket

約8000人が出場した第31回大会。スタート直後の県道は市民ランナーでぎっしり埋まり、長い列が続いた=2019年10月27日、諏訪市の諏訪湖ヨットハーバー付近

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第33回諏訪湖マラソン(県、諏訪地方6市町村、長野日報社でつくる諏訪圏健康推進協議会主催)は10月に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染状況や地域医療への負担などを考慮して中止となった。大会実行委員会はランナー、ボランティア、スタッフ、沿道で応援する地域住民や協賛企業など、大会に関わるすべての人の安心を確保した大会の開催が難しいと判断した。

 同実行委は感染症の拡大状況を見ながら陸上競技関係団体、医療機関などと意見を交わしてきた。中止は2年連続。コロナ禍前は、大会のエントリーを6月初旬、県民先行枠の受け付けを5月中旬に開始していた。

大会は毎年、10月の最終日曜日に開催しており、全国から約8000人のランナーが参加。2018、19年には、全国各地の大会に参加したランナーの声を基に選考するアールビーズスポーツ財団主催の全国ランニング大会100撰に2年連続で選ばれた。

佐久秀幸大会長は「諏訪湖マラソンは、毎回全国から8000人のランナーが集まる大会であり、中止は残念。集団感染のリスク、感染の不安を増大させること、医療従事者への負担を一層大きくしてしまう可能性などを考慮して判断した」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP