諏訪市成人式代替 文化センターに撮影スポット

LINEで送る
Pocket

諏訪市教育委員会は5月2日午前10時から午後3時まで、晴れ着姿の新成人が記念写真を撮影できる「フォトスポット」を市文化センターホワイエに設置する。新型コロナウイルスの影響で中止した第71回成人式の代替事業で、晴れ着を準備していた新成人に便宜を図った。市教委は「家族や友人と一緒に、成人の喜びを形に残してもらえたら」と話している。

同市の成人式は当初1月10日に計画したが、感染拡大を受けて5月2日に延期し、2部制で行う予定だった。しかし、4月に入って諏訪圏域で感染が急拡大。再延期をしても日程の見通しが立たないことから、中止を決めた。

フォトスポットには、歌の歌詞を大書した作品や高島城と桜の写真などをデザインしたバックボード(縦2・4㍍×横3・6㍍)が3枚設置される。諏訪清陵高校と諏訪二葉高校の書道部、市教委生涯学習課がそれぞれ制作した。

撮影はカメラやスマートフォンを持参して個別に行う。カメラマンを手配し、現地で撮影することも可能だ。事前の感染防止対策と体調管理の徹底に加え、撮影時以外のマスク着用や短時間の撮影、混雑時の間隔確保と会話自粛、撮影後の速やかな退館を求めている。市職員5、6人が会場で検温などの受け付けや誘導に当たる。

成人式の対象者は505人で、参加希望者は205人だった。市教委は対象者に記念冊子と記念品を5月中旬以降に郵送するほか、市長と教育長のメッセージを動画共有サイトYouTubeの諏訪市公式チャンネルで配信する。
 
問い合わせは、市教委生涯学習課(電話0266・52・4141、内線595)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP