五月人形を展示無病息災願う 茅野市民館

LINEで送る
Pocket

茅野市民館イベントスペースに飾られている五月人形やこいのぼり

茅野市の茅野市民館イベントスペースで端午の節句にちなんだ展示「端午の節句-思い出の兜と無病息災を願う-」が開かれている。市民が主体となりアイデアを実現する企画として、提供された五月人形や人形店の協力を得てこいのぼりを飾り、市民らの無病息災を願っている。5日まで。

住民提案の企画を市民館スタッフがサポートして実現する「茅野市民館ショーケース」の第1弾。今回はこれまで自宅に飾ってきた五月人形を展示してほしいと市内の男性が寄せたかぶと6刎や武者人形1体が並び、近くでは高さ約5メートルのこいのぼりが泳いでいる。かぶとなどの収納ケースは市民館スタッフが作った。

午前9時~午後7時、見学無料。ショーケース事業は年数回程度開く予定で、市民館は「地域の皆さんがやりたいことを一緒につくり上げたい。興味がある人は問い合わせてほしい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP