飯島流ワーケーション 農業体験プレ事業始動

LINEで送る
Pocket

始動した飯島流ワーケーションプレ農業体験で野菜の種まきをする参加者

リモートワークにより仕事と休暇の両立を目指す飯島町の「飯島流ワーケーション」で、訪れた人たちに提供するプログラムの柱となる農業体験のプレ事業が始まった。今年度は地元住民を中心に展開。来年度からの本格的な誘客に向けて、受け入れのための土台作りをする。

町と田切の里営農組合、田切農産などが中心となり、今後協議会を設けて運営していく予定の飯島流ワーケーション。町のさまざまな素材を生かして自然や文化体験、人的交流など150ほどの体験プログラムを用意し、都会の企業などから誘客を図ろうと計画している。

軸となる農業体験は「農業実践塾」と銘打ち、プレ事業では米と野菜の栽培体験2コースを用意した。年間4~5回開き、中途参加も可能で現在までに町内外の計7組が参加している。

8日には、田切農産の直売所「キッチンガーデンたぎり」に隣接する畑で、野菜コースの種まきが行われた。トマトやバジルなど数種類のイタリア野菜やレタス、トウモロコシを中心に栽培し、今後は畑への移植や草取り、収穫、試食会と秋まで楽しむ。

札幌市から今年春に中川村に移住してきた伊藤広己さん(61)も熱心に種まき。「札幌ではマンション住まいで農業をやるのも初めてだが、土いじりは楽しい。都会の暮らしでは家庭菜園をするのも難しいので、ワーケーションの需要はあるのでは」と話した。

プレ事業では夏から秋に向けてサツマイモなど、単発の収穫体験も実施。秋ごろにはワーケーションの滞在拠点となるトレーラーハウスが整備される予定で、お試し宿泊体験なども行っていく考えだ。

田切農産の紫芝勉代表は「企業の人たちの新しい働き方の中で、農業振興など地域の課題解決につなげたい。お互いが良好な関係を築き、移住や企業進出、新しい農業の担い手の創出などに発展すれば」と期待する。

農業実践塾の料金は米コースが収穫した米60キロ付きで1組1万5000円。野菜コースは1万円で、同じく栽培した農産物が付いてくる。申し込み、問い合わせはアグリマルチワークプロジェクト事務局(電話080・5140・8582)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP