諏訪湖上でウエディング 東洋観光事業

LINEで送る
Pocket

PR用の撮影で公開した船上ウエディング

アルピコグループの東洋観光事業(本社茅野市、深澤洋充社長)は、諏訪湖の遊覧船を貸し切った船上ウエディングプランの提供を始めた。同社が運営するホテルブエナビスタ(松本市)のブライダル部門がプロデュースし、船上や湖畔での写真撮影、挙式ができる。12日、同部門のスタッフによるデモを公開した。

自社保有の施設、資源を活用する新規事業で、同社とアルピコ交通が昨秋から上高地線電車で提供する「電車ウエディング」に続くユニーク企画。湖周辺や船上で写真撮影のほか船上での人前式も可能で、乗船は40~50人程度を見込む。

同社によると、新型コロナウイルス感染拡大を機に少人数での挙式や撮影のみのフォトウエディングが増えているといい、湖上ならではの開放感と自然の魅力で需要を取り込みたい考えだ。

花嫁役を務めた同部門スタッフの五味明日香さん(25)と、新郎役で夫の達夢さん(25)=茅野市在住=は「いつもと違う風景が新鮮。いい思い出になるのでぜひお勧めしたい」と話した。

料金はフォトウエディングで44万円前後、人前式付きは55万円前後。問い合わせは同ホテル宴会課ブライダル部門(電話0263・37・0333)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP