市外在住学生へ「応援便」第3弾 伊那市

LINEで送る
Pocket

伊那市は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、不安を抱えながら親元を離れて市外で暮らす学生を支援するため、地元企業の製品を詰め合わせた「学生応援便」を贈る。20日まで申し込みを受け付けている。

新型コロナの影響で帰省できなかったり、オンライン授業や在宅学習を余儀なくされたりしてストレスや孤独感を感じている学生たちに地元からエールを送る狙いで、3回目になる。

対象者は、同市出身で市外に住む18歳以上の学生(大学、大学院、短大、専修学校、予備校)。対象者の家族に引き渡し、家族から学生に送ってもらう。

応援便は、Aセットが米(2キロ)、生そば、即席みそ汁、炊き込みご飯の素、寒天製品、高野豆腐、Bセットが五平餅、ローメン、即席みそ汁、寒天製品、ロングライフパン、高野豆腐。

申し込みは市ホームページの専用フォームから電子申請するか、市ホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記入して郵送、または持参で市役所の地域創造課へ提出する。申込書は同課や総合支所、各支所にも置いている。

応援便の引き渡しは27~29日午前9時~午後8時、市役所1階の103会議室で行う。申し込みを行った対象者の家族に来庁してもらい、品物を渡す。問い合わせは同課(電話0265・78・4111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP