キャリア教育手掛ける法人設立 茅野

LINEで送る
Pocket

第1弾事業となる「高校生のじもと研究会」の打ち合わせをする「ミライケ」のメンバー

諏訪市在住の女性3人がキャリア教育を手掛ける一般社団法人ミライケ(茅野市)を設立した。諏訪地域など県内の高校生を中心に中学生、大学生を含めて企業・大人との出会いや協働の取り組みを”橋渡し”。一般企業への就職、自ら会社を立ち上げる起業など幅広い仕事観や生き方の価値観を養ってもらう。

メンバーは元企業の採用担当で代表理事を務める今井広美さん、コワーキングスペースのマネジャーを務める山崎三千代さん、キャリアコンサルタントの宮木慧美さん。今井さんらは2015年から、諏訪地域の高校生が地元企業の人事担当者らと面談する「高校生の企業研究会」を開いてきた。こうした経験を基に、キャリア教育に特化した法人の発足へ準備を進め、3月に設立した。

「高校生の企業研究会」を衣替えした「高校生のじもと研究会」を主催するほか、学校と地域との協働の取り組みの調整役を担う。学習指導要領改定で高校の「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に移行するのを見据え、学校の探究学習のプログラムを支援する。

企業経営者らと交流して高校生に自己探究してもらう県教委の「JIBUN発 旅するラボ」の事務局も務める。

「地域の若者にイケてる未来を」とのコンセプトから法人名を付けた。同法人は「地域の面白い大人や企業との出会いを通じて若者が自分らしいキャリアを選択できるようにしたい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP