「120万本のすずらん祭り」開幕 富士見

LINEで送る
Pocket

ゴンドラ往復券購入者に山野草の苗をプレゼントしている富士見パノラマリゾート

富士見町の富士見パノラマリゾートで22日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月20日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町の花でもあるスズランの見頃は6月上・中旬になると予想している。

ゴンドラ山頂駅近くの山野草公園では、20万本のドイツスズランが八ケ岳の雄大な景色を背に咲き誇り、入笠湿原には100万本ものニホンスズランが群生する。今後の天候にもよるが、先行するドイツスズランは6月上旬、ニホンスズランは同中旬に盛りを迎えそうという。

山野草の苗は日によって異なり、初日はイワチドリの苗を贈った。期間中のゴンドラは通常より30分早い午前8時から運行。施設やゴンドラの換気、消毒を徹底しながら営業している。「スズランはまだですが、エンレイソウやイチリンソウなど素朴な花が咲いています。雄大な景色とともに楽しんでください」と来場を呼び掛けている。

ゴンドラ往復券は大人1700円、小学生800円、未就学児無料。下り最終は午後4時30分。

おすすめ情報

PAGE TOP