米沢ひき逃げ時効まで残り1年 情報提供募る

LINEで送る
Pocket

茅野市米沢塩沢で2012年に発生した死亡ひき逃げ事件から24日で9年を迎えた。茅野署は同日夜、事件解決に向けて現場近くの県道茅野停車場八子ケ峰公園線(通称ビーナスライン)の北大塩口交差点に電光掲示板などを設置し、検問をしてドライバーらに情報提供を求めた。

コロナ禍のため、チラシを手渡すことはやめ、米沢や中大塩、湖東、豊平などの地元区に、情報提供を求めるチラシの回覧を依頼した。

事件は5月24日午後11時30分すぎ、県道から北に数十メートル入った塩沢集落の道幅約4メートルの市道で発生。近くに住んでいた石川富男さん=当時(59)=が道路中央付近で、頭から血を流してあおむけに倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された。同署は石川さんの衣服に残っていたタイヤ痕を手掛かりに、約1600台の車を調べたが犯人の特定には至らなかった。

19年で道交法違反(ひき逃げ/救護義務違反)の時効が成立し、現在は自動車運転過失致死罪(当時)で捜査を行っている。

同署によると依然、犯人逮捕につながる有力な情報は得られていない。「決して事件を風化させない思いで捜査を続ける。事故当時のことを思い出していただき、どんなささいなことでもいいから情報を寄せてほしい」と呼び掛けた。

同事件の概要は県警ホームページから閲覧できる。情報提供は茅野署交通課(電話0266・82・0110)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP