岡谷市高齢者ワクチン接種 来月から送迎補助

LINEで送る
Pocket

タクシーによる送迎補助事業の案内チラシ。接種日時を記載した確定通知に同封している

岡谷市は、6月5日から市内全域の高齢者を対象に新型コロナウイルスワクチン接種を開始するに当たり、被接種者の送迎補助事業を併せて始める。自宅から接種会場までの移動に片道300円でタクシーを利用できる事業。交通手段を支援することでワクチン接種率の向上を図る。

利用対象は65歳以上で今年度中に65歳になる人も含む。乗車予約は利用者が行い、乗車時に運転手に接種券を提示する。自宅―接種会場間の利用に限り、途中乗車や途中下車はできない。同居家族が同じ日時に接種を受ける場合や被接種者に介助者がいる場合は同乗可能で、予約時に同乗者がいる旨を伝える。

利用できるタクシー業者は市が送迎業務を委託した諏訪地区タクシー事業協同組合に加入する▽アルピコタクシー岡谷営業所(同市本町、電話0266・71・1181)▽諏訪交通岡谷営業所(同市天竜町、同22・1190)▽植松ハイヤー(下諏訪町東赤砂、同28・6555)▽第一交通(諏訪市高島、同52・5151)―の4社。送迎委託料は684万円。

同市の高齢者向けワクチン接種は現在、新屋敷、小口両区を対象に集団接種を実施しており、両区対象者の接種終了後、来月5日から残りの高齢者約1万6000人の接種を始める。市は「ワクチン接種を受けたいが、会場までの足がないという困りごとを解消できれば」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP