今年は日帰り登山 上伊那中学12校

LINEで送る
Pocket

駒ケ岳登頂を果たし喜びを全身で表す宮田中学校の生徒たち=2020年8月21日

上伊那地方の中学2年生が中央アルプスの主峰・駒ケ岳(2956メートル)を目指す今年の学校登山は、7月13日に飯島中学校(飯島町)と中川中学校(中川村)を振り出しに始まる。南アルプスを目指す長谷中(伊那市)と実施方法を検討している高遠中(同)を除いた12校、約1660人は8月末までに入山を予定。いずれも新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ロープウエー利用で日帰りする短縮型の行程で実施を計画している。

中アの学校登山を取りまとめている西駒登山事務局(宮田村宮田中)によると、西駒登山は飯島中、中川中を皮切りに7月中に上伊那の10校と木曽地域などの2校が実施。夏休み明けの8月27日の南箕輪中が最後になる。

例年は山小屋に宿泊し、徒歩やロープウエー使用などの選択制や、体力に合わせたコース別など、各校ごとに独自の手法で実施しているが、今年はコロナ禍への対応もあり、一様に規模を縮小。実施する全ての学校が往復ともにロープウエーを使用し、日帰りする計画を立てているという。

事務局の田中清一宮田中教頭は「宮田中の場合は地元の山でもあり、麓から歩きたいが、厳しい状況の中ではこうした手法を選ばざるを得ない」と話している。

各校の日程は次の通り(かっこ内は生徒数)。

▽7月13日=飯島(86)中川(44)
 ▽7月14日=駒ケ根東(54)
 ▽同15日=宮田(93)
 ▽同20日=箕輪(247)
 ▽同21日=赤穂(239)
 ▽同26日=春富(123)
 ▽同27日=伊那東部(257)
 ▽同28日=伊那(92)
 ▽同29日=西箕輪(77)
 ▽8月25日=辰野(157)
 ▽同27日=南箕輪(189)

おすすめ情報

PAGE TOP