庭園のバラ見頃 伊那の菓匠Shimizu

LINEで送る
Pocket

純白のバラが美しい菓匠Shimizuの庭園

伊那市上牧の菓匠Shimizuで、庭園のバラが見頃を迎えている。店の入り口へと続く通路の両側では純白の「アイスバーグ」が咲きそろい、南仏風の店舗や二階建てのロンドンバスを浮かび上がらせている。

開花が進むにつれて色合いを変えていく「アンネのバラ」や、ピンク色の花がアーチ状に連なる「ピエール・ド・ロンサール」など種類も豊富。優雅に咲き、日々変化していく姿が来店する人たちを楽しませている。会長の清水紀光さんは「一日ごとに色を変え、美しさが変わるバラは、職人たちが菓子作りの感性を磨くのにも役立っている」と話す。

例年より早く咲き始め、早咲きの品種は既に満開となった。同店によると、あと1週間ぐらいは楽しめそうだという。

おすすめ情報

PAGE TOP