「風味を楽しんで」 信大農学部がワイン販売

LINEで送る
Pocket

信大農学部が販売を始めた「濃厚リンゴワイン」と「ナイアガラワイン」

南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で8日、学生が実習の一環で栽培したリンゴのふじを使った「濃厚リンゴワイン」、ブドウを原料とした「ナイアガラワイン」の販売が始まった。学生らは「癖がなく飲みやすい。風味を楽しんでほしい」と購入を呼び掛けている。

使用した果実は、構内の畑で昨秋に収穫したもの。植物資源科学コースの2年生(現3年生)が摘果や誘引などの作業を行った。委託加工先の伊那ワイン工房(伊那市)に醸造してもらい、リンゴ500キロから334本、ナイアガラ306キロから261本のワインが出来上がった。

昨年から販売を始めたリンゴワインは、果汁をマイナス30度でいったん凍らせ、解凍段階で濃縮した部分だけを集めて加工した。7月の長雨で生育が遅れたものの、8月以降の高温と日照で「糖度は例年並み」という。糖度が高く爽やかな香りが特徴のナイアガラは今年度新たに、ジュースにも加工している。

リンゴワインは1本(375ミリリットル)2000円(1人1本限定)、ナイアガラワインは1本(720ミリリットル)1500円(ともに税込み)で販売している。問い合わせは同学部付属施設(電話0265・77・1318)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP