J2開幕 山雅に熱い声援 茅野

LINEで送る
Pocket

サッカーの明治安田J2リーグが28日、開幕した。J1復帰を目指す松本山雅FCは敵地でロアッソ熊本と対戦。諏訪地方のファンも熱い声援を送った。

茅野市のJR茅野駅前ビル・ベルビア内の「電脳ひろばベレック」では、諏訪地方の有志でつくる諏訪広域松本山雅プロジェクト実行委員会が試合中継を観戦するイベント「パワフルビジョン@ベルビア」を実施。サポーター約50人がアウェーで健闘する選手たちに熱い声援を送った。

サポーターたちはそろいのTシャツやタオルを身に着け、大型スクリーンの試合に見入った。前半の早い時間に1点を奪われると、やや気落ちした様子。しかし「まだ後半がある」と気持ちを切り替え、身を乗り出したり、手を合わせて祈ったりしていた。サポーター歴3年の女性(46)=諏訪市=は「アウェーのときは来ます。ここで喜びを分かち合いたいですね」と話していた。

パワフルビジョンは昨年、山雅のJリーグ1部(J1)昇格を機に始まった。今季、山雅の試合は11月20日まで42節あり御柱祭期間の4日間以外はすべて放送する予定。会場はベレックかピアノマン。

おすすめ情報

PAGE TOP