高原を彩るコバイケイソウ 霧ケ峰

LINEで送る
Pocket

車山湿原付近のコバイケイソウ群落=17日

諏訪市郊外の霧ケ峰高原の車山湿原で、コバイケイソウが見頃を迎えている。白や薄黄色の小さな花を無数に 付けた花房を伸ばしている。梅雨が訪れ緑に染まった原野に、独特の香りを漂わせている。

花を多く咲かせる年と咲かせない年の差がある植物だが、県霧ケ峰自然保護センター(諏訪市)によると、今年の開花状況は「最近5~7年ではかなりいい」という。霧ケ峰では同湿原で最も多く自生し、今月末までが見頃。

同湿原ではレンゲツツジも開花ピークを迎えつつあるが、ここ数年は積雪が少なく冬季に寒風にさらされ枝先が枯れるため花が少ない。三井いさきさん(65)=山梨県甲斐市=は「レンゲツツジ目当てで来たので残念だが、コバイケイソウが見られてよかった。白くてふわふわしていてきれい」とうれしい誤算に顔をほころばせていた。

おすすめ情報

PAGE TOP