新型コロナ 県独自警戒レベル「1」に

LINEで送る
Pocket

県は17日、県が独自に6段階で設定している新型コロナウイルス感染症の感染警戒レベルについて、松本圏域を除く9圏域をレベル「3」(警報)からレベル「1」(平常時)に引き下げた。松本圏域はレベル3を維持する。

全県で新規感染者数が減少傾向にあることを受け、全県的なレベルの設定を取りやめて各圏域ごとに判断。松本圏域を除く各圏域は「陽性者の発生が落ち着いている状態」としてレベル1に引き下げた。諏訪圏域の直近1週間の新規感染者数は人口10万人当たり0.54人。

松本圏域は直近1週間の新規感染者数が人口10万人当たり5.45人で、陽性者の3分の1が感染経路不明になっているなど「感染拡大に警戒が必要な状態」として、レベル3を維持する。

県は5月21日に全県をレベル4に引き上げ、今月4日からレベル3に引き下げていた。阿部守一知事は17日に開いた会見で、「完全に陽性者が 確認されない状況になっているわけではない。全国的には まん延防止等重点措置が継続中の地域もある」と引き 続きの警戒を呼び掛け、「正しく」「適切に」感染予防策を講じることや、感染拡大地域への 訪問をできるだけ控えることなどを県民に求めた。

おすすめ情報

PAGE TOP