五輪卓球カナダ代表へ熱いメッセージ 岡谷市

LINEで送る
Pocket

卓球カナダ代表選手に贈るメッセージ入りの国旗=市民総合体育館スワンドーム

東京五輪・パラリンピックでカナダのホストタウンに登録されている岡谷市は、卓球カナダ代表選手に贈る寄せ書きを集めている。代表選手3人の紹介パネルと寄せ書き用のカナダ国旗を市内3施設に設置。市民からのメッセージの書き込みを募っている。今月30日まで。

市は2005年に県内で開催された知的障がい者のスポーツ大会「スペシャルオリンピックス」でカナダ選手団を受け入れた実績を踏まえ、ホストタウンに手を挙げた。卓球選手団の事前合宿の誘致を進め、国体や全日本実業団選手権の常連である同市役所卓球部が代表選手の練習相手を務めることなどを計画していたが、コロナ禍で断念した。

日本とカナダには時差があるため選手とのオンライン交流の実現も難しく、代わりに選手のプロフィルを市民に紹介しメッセージを募る企画を用意。市民総合体育館スワンドーム、市立岡谷図書館、イルフプラザ3階にコーナーを開設した。メッセージ入り国旗は7月中にカナダに送る。

体育館に置いた国旗には既に多くの書き込みが寄せられており、「頑張れ」「Fight」など、日本語や英語でつづられた応援の言葉がびっしり。力こぶやスマイルマークなどイラストも多い。市企画課は「ホストタウン岡谷から熱いメッセージを」と寄せ書きを呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP