「文通」重ね交際に 駒ケ根市結婚相談所企画

LINEで送る
Pocket

文通による出会い企画をPRするチラシ

駒ケ根市えがお出会いサポートセンター・市結婚相談所は、独身男女を対象とした出会い企画「ぶんつうde恋結び2 駒ケ根Style」の参加者を募集している。手書きの手紙を通じてお互いの理解を深め、交際につなげていく取り組み。8月まで3回に分けて参加者を募る。

インターネットの普及で知りたい情報が簡単に入手でき、SNSが日常的なコミュニケーションツールとなる中、相手のことをゆっくり理解していく出会いのスタイルとして昨年度スタートした企画。個人情報を伏せた手書きの手紙を交換し、文章の中から相手を想像していくことで、お互いの理解をさらに深めてもらう狙いがある。

手紙は4、5カ月の間に7回交換。駒ケ根オリジナルの便せんを使用し、毎回テーマを設定して手紙を書いてもらう。文通相手は申し込み受け付け後に市結婚相談所でマッチング。手紙の交換を重ねる中で距離を縮めていき、お互いに希望すれば連絡先を交換して関係を深めていく。

同相談所によると昨年度は14組が参加し、このうち11組が連絡先を交換するに至ったという。金子智子所長は「マッチングイベントでは第一印象だけで合うか、合わないかを判断してしまうこともある。時間を掛けてお互いのことを知るきっかけにしてもらいたい」と期待している。

参加者は6、7、8月の1カ月単位で3回に分けて募集し、文通は8、9月に開始予定。参加費は4000円。ホームページの専用フォームで申し込みを受け付けている。問い合わせは同相談所(電話0265・98・0871)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP