オールドローズの季節 蓼科高原バラクラ

LINEで送る
Pocket

「ブラッシュランブラー」が家壁を彩るプライベートガーデン。限定で公開している

蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(茅野市北山)は、オールドローズが咲き誇り1年で最も香り高い季節を迎えている。同園は「創園から31年、最高の咲き具合」とし、今月末まで県内在住者の入園料を通常の半額の600円にする「県民感謝DAYS」を開催。特別企画も用意し来場を歓迎している。

園内には約200種類のバラが植えられている。現在はオールドローズの女王アルバーティン、色の移り変わりと優雅な花型が人気のアルケミスト、香水にもなったサーポールスミス、透き通るようなピンクのニュードンなどが宿根草などと共演。つるバラがつくるアーチやトンネルも来場者を楽しませている。

入園したうえで、人気のアフタヌーンティーセット(2000円)を注文すると、普段は非公開の「プライベートガーデン」を見られる企画もある。午後1時と3時から15分間、各回20人。期間は開花状況で変わる。

問い合わせは同園(電話0266・77・2019)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP