ヨルダン駐日大使が下諏訪宿を訪問

LINEで送る
Pocket

下諏訪宿本陣岩波家を訪れたアンナーブ駐日大使(左)

ヨルダンのリーナ・アンナーブ駐日大使が24日、下諏訪町横町の下諏訪宿本陣岩波家を訪れ、中山道と下諏訪の文化、歴史に触れた。岐阜県から妻籠宿(木曽郡南木曽町)に入り、木曽路を北上した4泊5日の行程の最終日で、岩波太佐衛門尚宏当主のもてなしを受けた大使は「伝統の重みやおいしい料理に感動を覚えた」と喜んだ。「中山道は世界的にも素晴らしい場所」と語った。

昼に到着した大使は、岩波家で下諏訪町立町の和食店「二十四節氣神楽」(武居章彦店主)が 用意した昼食を味わった。稚アユの塩焼きやコイの洗いなどを詰めた松花堂弁当で「アユはとてもおいしかった」と笑みを浮かべた。木曽路で味わったナマズのフライなどを挙げながら「日本人の食材に対する向き合い方にはとても感心した」と振り返った。

駐日大使に着任する前は同国で観光分野の大臣を務め、同国内を縦断する「ヨルダン・トレイル」の振興に取り組んだ実績を持つ。今回の木曽路でも歩いて巡る観光に時間を費やした。「歩くことで本物を体験できる。その国の本当のところを知るには地方を知ることが大事」と述べた。「中山道の価値が日本人の間ではあまり理解されていないようで、もったいない」とも話した。

中山道は、外国人観光客の間で有名な妻籠宿だけでなく、奈良井宿(塩尻市)や木曽平沢(同)、木曽路の先にある下諏訪宿なども観光ルートとして魅力的といい「ヨルダン・トレイルとの連携が市民同士のレベルから始まれば」と期待を寄せた。街道だけでなく、日本の縄文時代にも興味があり「今度は(国宝土偶の)縄文のビーナスや仮面の女神を見たい」と諏訪地方への再訪に意欲を見せた。

おすすめ情報

PAGE TOP