信大諏訪臨湖実験所特設サイト あすから公開

LINEで送る
Pocket

諏訪湖の研究について動画にまとめた学生

信州大学諏訪臨湖実験所(諏訪市湖岸通り5)は7月1日から、諏訪湖で取り組む観測活動や学生の研究、諏訪湖の生き物などを紹介する特設サイトを公開する。学生が中心となって作った動画約20本や記事を通して、専門知識のない一般の人にも分かりやすく説明。子どもにも見てほしいという。

例年7月第1土曜に開く一般公開イベントに代わって企画。新型コロナ感染防止のため、昨年に続いてウェブ上で行う。学生5人の研究や湖心で行う定期観測の長年のデータと最近の実態、クラウドファンディングで製作した2号機の設置風景、諏訪湖のプランクトンなどを紹介する。学生の提案で、諏訪湖と木崎湖(大町市)の溶存酸素などの比較紹介も行う。

学生2人は本人が出演する10分ほどの動画をそれぞれ公開する。諏訪湖の食物網とマイクロプラスチック問題について、各自の研究目的や手法などを説明する。修士課程2年の龍野紘明さん(23)=塩尻市=は「身近にありながら目を向けてこなかったことなどにも、親しんでもらえるよう工夫した」と話している。

7月31日まで、同実験所のホームページから見られる。

おすすめ情報

PAGE TOP