境内を染める200種アジサイ 伊那の深妙寺

LINEで送る
Pocket

アジサイが見頃を迎えた深妙寺。西春近北小の児童が見入った

「あじさい寺」として知られる伊那市西春近小出の深妙寺でアジサイが見頃を迎えた。200種、2500株が植わり、青や白、ピンク色に境内を染めている。雨上がりの6月30日は、花がより鮮やかさを増し、カメラを手にした参拝者が次々と訪れた。

小高い丘は青く彩られ、木々の緑に映えている。あずまやの周りでは、花色が白から鮮やかな赤色に変わるヤマアジサイ「紅」が人気に。寺によると、開花は例年より1週間ほど早く、遅咲きの品種もあるため7月半ばごろまで楽しめそうという。

近くの西春近北小学校の6年生26人は写生に訪れ、お堂と花を熱心に描いていた。児童の一人は(11)は「いろんな色があってきれい」と見入った。

おすすめ情報

PAGE TOP