三峰川右岸堤防が完成 伊那市美篶下県

LINEで送る
Pocket

本復旧工事が完了し、3日午前9時に通行再開となる三峰川サイクリング・ジョギングロード

国土交通省天竜川上流河川事務所は1日、昨夏の豪雨による増水で欠損した伊那市美篶下県の三峰川右岸堤防本復旧工事が完了し、3日午前9時から堤防上の「三峰川サイクリング・ジョギングロード」(芹沢河原7号線)の通行を再開すると発表した。

三峰川は昨年6月30日から7月1日未明の大雨で増水。複合福祉施設みぶの里近くの市道三峰川右岸土地改良幹線(通称ナイスロード)南側の堤防と三峰川サイクリング・ジョギングロードが流失した。国交省は堤防の損壊後、2週間で応急復旧による仮堤防を構築。出水期後に仮堤防を撤去し、総延長350メートルの本堤防を建設していた。工事費は約8億円。

大雨による増水で欠損した三峰川の右岸堤防=2020年7月1日撮影

工事に伴い通行止めだったサイクリング・ジョギングロードは、三峰川沿いの右岸4.7キロ、左岸4.9キロの道路を、上流の三峰川橋と下流の竜東橋で結んだ延長10キロの周回コース。今回の施工では堤防上に幅員2.5メートルのアスファルト舗装路を整備した。3日からは「通常通り周回できる」(伊那市建設部)。

天竜川上流河川事務所では「本堤防は旧堤防より深く施工し、従来よりも安全性を高めた」と話した。

同事務所は16日午前10時15分から現地で市の理事者を交えた工事内容の説明会を計画している。

おすすめ情報

PAGE TOP