蓼科高原映画祭 9月18~26日開催

LINEで送る
Pocket

第24回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭は9月18~26日、茅野市内で開く。昨年は新型コロナウイルス感染防止のためドライブインシアターや短編映画コンクールのオンライン表彰式のみ実施したが、2年ぶりに茅野市民館や新星劇場を会場にして約15作品の映画を上映する。組織・実行合同委員会が1日、企画案を書面議決した。

上映映画は未定だが、小津監督の作品や諏訪地域がロケ地になった作品などを予定している。ゲストとして招く女優の中井貴惠さんが小津監督作品の脚本を読む「音語り」がある。活動弁士の澤登翠さんも登場する。

8月にはプレイベントとして蓼科で野外上映かドライブインシアターを予定している。短編映画コンクールは127作品がエントリーし、現在一次審査をしている。

一方、新型コロナ感染防止対策としてゲストを最小限に絞るほか、映画監督との交流パーティーや上映会場での飲食提供は行わない。映画上映は座席の間隔を空けたり、同じ作品を複数回上映して来場者の分散化を図ったりする。

上映作品は8月上旬に映画祭ホームページで公表し、同中旬ごろからチケットを販売する予定。実行委事務局の市観光課は「良質な作品の鑑賞を楽しむ映画祭にしたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP